May 2006

May 29, 2006

落とし物

060529_1

夜になるにつれ体調が悪くなってしまい、お家に到着するとベッドへ直行。やっと辿り着いたかと思うと、ベッドの上に落とし物を見つけました。
パールの “ヒゲ” です。前に飼っていたナンは時々白いヒゲを落としていたけれど、パールのヒゲは黒いんだ。

060529_2060529_3

・・・つまり、わたしがいない間にベッドの上でゴロゴロしていたってことなのね。


ranking 人気blog Ranking

May 28, 2006

お掃除

060528_1

ここのところお家にいてもあまり時間がなくて、パールの寝床=ベッドの下のお掃除ができていません。。。
暑さのせいなのか、お掃除をしていないからなのか、理由はよくわからないけれど、パールはあまりベッドの下にもぐらなくなってきました。

060528_2その代わり・・・ 最近のパールはベッドの上で眠るようになりました。
今日も夕方お家に帰ってきて少しだけ仮眠をとっていたのですが、目が覚めるとパールが横で眠っていました。二人して「リ」の字になってスヤスヤと眠っていたけれど、「こうして一緒に眠ってくれるならお掃除しない甲斐があったかも」だなんて考えてしまったりして....。

次の瞬間、パールが顔に飛びかかってきました。目が三角になってちょっと怒っているみたい。
偶然なのかもしれないけれど、考えていることがパールにバレてしまったような、そんな気がしました。

・・・やっぱりパールのベッドはキレイにしてあげないとね。
今週中にパールの寝床をお掃除することに決めました(できるかな。。。)。


ranking 人気blog Ranking

May 20, 2006

生活

060520_1

どんなに寝不足でも、毎朝決まった時間に目を覚ます、バッチリ体内時計のパール。わたしが目覚める時にはいつも、彼はちゃんと起きて、朝から日課に精を出しています。

060520_2わたしの日課はというと、目が覚めたらベッドの中で横になったままパールを呼ぶことです。
「パァ〜ルゥ〜」と呼ぶと、どこにいてもトコトコとわたしのお部屋まで小走りでやって来て、扉の横から顔だけを覗かせているのです。そしてもう一度声をかけると、ベッドの下まで寄ってきて、じーっと顔を見上げています。
パールがベッドの上までのぼってくると、眠気よりもパールをかわいく思う気持ちが勝って、ようやく起きあがる・・・ これがわたしの毎朝の習慣になっています。

060520_3数日前のこと。いつものようにパールを呼ぶと、母から「いまごはんを食べているわよ」と言われました。 ・・・珍しいじゃない、来てくれないなんて。
二度寝してまたパールを呼ぶと、「いまお水を飲んでいるわよ」と母の声。
そして三度寝してまた呼ぶと、今度は「・・・いまトイレに入っているわよ(笑)」。
・・・。その直後にパールが砂をかくザッザッという音が聞こえてきました。
しぶしぶ起きて行くと、母が「パールも結構忙しいのよ」と笑いながら言っていました。

060520_4確かにそうだよね。
そのときに、パールにもいろいろやることがあるんだなあと思いました。
自分の意志でごはんを食べたり、お水を飲んだり、トイレに行ったり、眠ったり、遊んだり、甘えたり・・・
わたしにとっては、わたしの生活の中にパールがいるような、そんな気がしていました。当たり前のことだけれども、パールはパールで、ちゃんと自分の生活を送っているのですよね。


ranking 人気blog Ranking

May 19, 2006

マスター

060519_1

そんなに甘くはありませんでした....。
自転車なんてすぐに飽きてしまうと思っていたのに、まだまだ興味があるようで、気づくとこんな風にしています。グラグラと揺れているというのに、慎重にバランスをとって、ハンドルにまでよじのぼろうとしているのです。

060519_2自転車を倒した回数=1回、未遂=4〜5回(わたしが支えた)。
パールがお留守番をしているときに倒れたら大変なので、早く防犯登録をして駐輪所に持って行きたいのですけれど、パールにとっては少し寂しいのかな。

不安定な自転車の、サドルにのぼるのをマスターし、ギアチェンジもすでにマスター。今日は飛びついてベルを鳴らしていました。
次はライトをつけたりするのかしら。。。


ranking 人気blog Ranking

May 18, 2006

見張り

060518_1

この場所・・・ テレビの横に置いてある、大きな布張りのお茶箱の上は、最近のパールのお気に入りの場所になっています。
居心地がいいのかしらだなんて思っていたけれど、どうやらそれだけではなさそう。

この場所で顔を左右に向けたり、少し身を乗り出して見ると、母やわたしがどこで何をしているのかが全部見えてしまうんです!
・・・パールはここで見張りをしているというわけなのね。

※でもパールが悪さしているところも丸見えです!

060518_2060518_3


ranking 人気blog Ranking

May 17, 2006

男の子

060517_1

午前中に大きな荷物が届きました。普段のパールならば、届いた荷物の中身よりも、梱包用の段ボールに興味を示しているのに、今日は珍しく “中身” の方に興味を示していました。
箱の中身は・・・ 自転車です!

060517_2060517_3

登録をしないとまだお外で乗ってはいけないのですよね、自転車って。
組み立てて(と言っても折りたたみ自転車なのですが)お部屋の中に置いていると、パールは自転車のパーツをひとつひとつ念入りに点検して、サドルにのぼってみたり、背伸びをしたりしていました。 ・・・パールって背が高い。

時々遠くから眺めてみたり、自転車の横でウトウトしたりして・・・ えらく気に入った様子でした。
自転車に興味があるなんて、パールはやっぱり男の子なんですね。

060517_4


ranking 人気blog Ranking

May 07, 2006

苦しい声

060507_1

一昨日の晩は早めにベッドへ入ったけれど、ちっとも眠れませんでした。ベッドの下から聞こえてくるパールの寝返りを打つ音や寝息を聞いていると、パールが寝言を言いはじめました。

パールは時々寝言を言います。ムニャムニャなどとかわいらしい寝言のときもあるけれど、とても苦しそうな声を出すこともあります。そんなときは、真下にいるパールに手を伸ばして撫でてみたり(彼はいつも同じような体勢で寝ているらしく、たいていは太腿の辺りに手があたります)、声をかけて何気なく夢から覚ましてあげたりしています。

060507_2パールの苦しそうな寝言を聞くと、いつも思い出すことがあります。 ・・・以前飼っていた金茶色のナンが亡くなったときのことです。
ナンの最期については以前も書いたことがありましたが、息を引きとる瞬間のことを、ここで書いてみようと思います。

自宅で生理食塩水とアミノ酸の皮下補液や、ステロイドの投与などを続けていたナンは、亡くなる直前である午前4時ごろに姉の部屋や母の部屋に自分の死を知らせに行きました。そのあと、体調が急激に変化した頃から過ごしていたわたしのお部屋に自力で辿りつくと、いつもの場所までフラフラと歩き、パタンと倒れました。
家族全員でナンを囲むと、ナンの呼吸は次第に荒くなっていきました。
むやみに身体に触れると苦しみが増してしまいそうで心配で、それぞれ手を握ったり、そっと背中を撫でたりして、ただナンの名前を呼んで励ますことしかできませんでした。途中で家族全員の顔を順に見回し、真後ろにいるわたしのことさえも、荒い呼吸の中で上半身を起こし、顔を見つめてくれるのです。二度目に目が合ったときが、一対一で意志の疎通をはかることができた最後の瞬間でした。一秒もなかったぐらいの短い時間だったけれど、わたしにとっては十分な時間でした。

それから少し経つと、ナンの手足が痙攣し、小さな唸り声が聞こえてきました。断末魔の、苦しみがはじまったのです。
そしてナンが大きな声で一度唸ると同時に、身体全体に力が入って硬直し、全身の毛が逆立ちました。しっぽが、普段の3倍ぐらいの太さになっていました。
その声や、直線的な身体を見ているだけで、ナンの痛みがいま絶頂であることが、すぐにわかりました。ふれることもできませんでした。
これが、ナンが死を迎えた瞬間です。
ナンの身体からようやく力が抜け、逆立った毛が元に戻ると、ナンはもう二度と動くことはありませんでした。声も呼吸も聞こえなくなりました。

ナンの死は、これまで見送ってきたどんな死よりも辛く痛いもので、その分悲しみも大きかったけれど、不思議なことに清々しい気持ちが残りました。
家族全員にちゃんとあいさつをしてくれて、一人で死に向かって行く姿が、とても立派だったからです。わたしもナンみたいに強く生きられるのかと、何度も考えました。


一昨日の晩、パールは怖い夢を見ていたのか、「ヌウー・・・ウッ・・・ウーッ・・・グググッ」という苦しそうな寝言が聞こえてきました。やっぱりナンのことを思い出してしまいました。
苦しそうな声がトラウマになっているのかもしれませんね。ベッドから身を乗りだして「パール、大丈夫?」と声をかけると、目を覚ましたパールは「グルルルッ」といつもの合図をしてくれました。それからすぐに、パールは眠りはじめました。

奇しくも一昨日(5月5日)は亡きナンのお誕生日。真下でスヤスヤと眠るパールの寝息を聞きながら、ベッドの上でナンとの思い出を巡らせました。


ranking 人気blog Ranking

May 04, 2006

Wild Strawberry

060504_1

春になってからというもの、バルコニーの植物たちは増殖し続けています。専用のイスに辿りつくまでにも葉をかきわけて行く・・・ というような状態。
母がこよなく愛す植物たちは、グングンと生長しているのです。
母が大事にしている植物の中でも、とっておき(?)は “ワイルド・ストロベリー”。ウェッジウッドの “ワイルド・ストロベリー” シリーズの食器に描かれているのと同じ葉が伸び、同じ色の花が咲き、同じかたちの実がなっているのです。

060504_2060504_3

実が紅くなりはじめた頃、母が「ワイルド・ストロベリーの実はパールに食べさせてあげたいの」とつぶやいていました。イチゴ好きのパールならば、ワイルド・ストロベリーもきっと好きだろうと考えて、パールのために一生懸命育てていたみたい。
お部屋の中でふてくされているパールに、いつものベストを着せてバルコニーに出してあげると・・・

060504_4すぐにワイルド・ストロベリーを見つけてもぎとっては、いくつも食べていました。
パールのマネをして実を食べてみると、甘ずっぱくておいしかったです。パールったら、こんな味のものが好きなのね。。。

普段ならば “ワール、ダメよ!” と怒られていたところだけれども、今日だけは思う存分イチゴを堪能できたみたいです。
満足そうな顔をしていましたよ。


ranking 人気blog Ranking

May 03, 2006

春の嵐

060503_1

ここ数日、パールがとても暴れます。
季節のせいもあるのでしょうけれど、気が立っているというのか・・・ 深呼吸のような深い呼吸をしたり、いつもにも増して鼻息の威力も強く、何だかとてもすごいのです。

060503_3←“ド突く”ってこういう状態なのですね。

身体も大きくなって力が強くなったせいか、いろいろなものをくわえてはブンブン振り回したりして・・・ まるで “八つ当たり” をしているみたいに吹き荒れているのです。
そして馬のようにパカパカと音を立てて走り去った後には、強い風が吹いてきます。

060503_2それにしてもパールは大きくなったんだなあと、我が家の台風一過を見てしみじみと感じました。
小さくて細くて本当に心配だったけれど、パールが立派になってよかった


ranking 人気blog Ranking

May 01, 2006

いろいろ

060501_1

近所にお散歩に行ったら、昨日ご紹介したマメちゃんの飼い主さんに会いました。やっぱりマメちゃんはまだ帰ってきていないのだそう・・・
マメちゃんの目撃情報の連絡があったけれどマメちゃんかどうかわからないとか、ネコは意外と遠くに行くとか、それでも大通は渡らないらしいとか、いろいろお話ししました。
マメちゃん、どこにいるんだろう・・・

060501_2この辺りを歩いていると、気がつくと「マメちゃーん」と呼んでしまいます。
そして今日は、また迷いネコの張り紙を見つけてしまいました。この付近ではいま、ゴロちゃんも行方不明になっているみたいです。

去勢手術をしているとはいえ、発情期になるとネコたちはどこかをフラフラしているのかもしれません。
飼い主の方々の心配を思うと、こちらまでキューッという気持ちになります。
ゴロちゃんも早く帰ってくるといいですね。



060501_2キョロキョロしながら歩いていると、塀の上に大きなネコがいました。
横綱・朝青龍関に似ている気が・・・

少しだけ警戒していたけれど、そばに寄ってみると結構キレイな子でした。「ニャー」と声をかけると目を細めたりして。

060501_3・・・あら、ここがお家だったのね。

夜、気がつくとパールにお豆腐を食べていました。。。 満足したのか、いつの間にか寝に行ってしまったようで、パールの姿は見えなくなっていました。

探されているネコ、自主的にお家に帰って行くネコ、お家の中だけで暮らすネコ・・・ ネコにもいろいろあるんですね。


ranking 人気blog Ranking
Search


Top | Profile-Pearl | Profile-Gilda | Favorites | Banners | Gallery | Links
© 2003-2009 Mai, All Rights Reserved.