March 2006

March 31, 2006

白昼夢

060331_1

窓から見える桜が満開で、あまりにも美しかったので、ランチタイムを利用してパールと一緒に公園までお散歩に行きました。はじめてのお散歩です。

060331_2060331_3

走り出したりしないかとか、暴れ出したらどうしようかとか、心配はいろいろあったけれど、パールは見事に期待を裏切って、じっとしていました。
キャリーバッグからも自らは出てこられないぐらい緊張していて、抱き上げると必死にしがみついてきたり、顔を腕の間にうずめたり。オートバイや車の音がすると、わずかに震えたりしていて、パールは怖かったみたいです。

公園にいた二組の母子連れが寄ってきて、「おとなしいネコちゃんですね」だなんて信じられないほめ言葉をいただいてしまいました。。。
まだネコにふれたことがないという二人の女の子は、少し不安げな表情をしているにもかかわらず、ネコに対する好奇心で、パールをたくさん撫でてくれました。

子ども好きのパールは、顔を寄せてくる女の子(パールと同い年!)に自分の顔を近づけたりして、女の子の方はというと目を輝かせながら「パール、○○○○・・・」「パールちゃん、××××・・・」と何かをつぶやいていて、まるでパールと内緒話でもしているかのようでした。女の子との内緒話中は、パールもリラックスできたみたい。一生懸命パールと目を合わせようとしていて、なんだかすごくかわいかったです。

060331_4060331_5

たくさんかわいがってもらった後、パールと一緒に満開の桜の下に立って見上げたりしていたけれど、パールは桜どころではなかったみたい。
歩く姿も腰が引けていて、それでも辺りを偵察しようという好奇心が見え隠れしたりして、ヒョコヒョコと変な歩き方をしながら木々の間をくぐり抜けたりしていました。
目と鼻の先にある我が家のバルコニーからは、母が身を乗り出して写真を撮っていました(笑)

「そろそろママのところに帰ろうか」とお家に戻ると、パールはごはんをたくさん食べて、そのまま寝に行ってしまいました。 ・・・きっと疲れてしまったのでしょうね。グーグー眠っていました。
目が覚めてから、パールはいつも通りにお家の中をかけ回っていて、噛まれてひっかかれて飛びつかれて、靴下まで脱がされてしまうほどの暴れよう。お昼に公園に行ったことなんて、すっかり忘れてしまっている様子です。はじめてのお散歩、パールにとっては白昼夢のようだったんだろうな。。。

週末にはパールと一緒にお花見を・・・ だなんて思っていたけれど、この分だとやめておいた方がいいのかもね。


ranking 人気blog Ranking

March 30, 2006

標準サイズ

060330_1

少し前に、会社の中庭にネコが出没するらしいと書いたけれど、今日、ついにそのネコに会うことができました。
どう見てもクロネコに見えるそのクロシロちゃんは、しっぽの短い小柄な女の子。クロシロの証拠であるお腹の白い線は、今日は見えませんでした。
パールの3分の2ぐらいのサイズだったかな。。。 ふっくらしていてすごくかわいかったです

060330_2パールを迎えてからしばらくの間は、町中のネコたちが全部大きくて、全部太っているように見えている時期がありました。当時はまだ子ネコだったパールのサイズに、目が慣れてしまっていたからです。
いまでこそ小柄だと思うネコでさえ大きく感じていたぐらいだから、大柄なネコは超巨大に思えていて、「世の中にこんな大きなネコがいるだなんて・・・」と、ネコの “標準サイズ” がすっかりわからなくなっていたのです。。。

パールが成長して “標準サイズ” なったいまは、元通り、町のネコたちのサイズも正確に(?)判別できるようになりました。あのときに、今日のクロシロちゃんに会っていたら、もしかしたらすごく大きなネコに見えていたのかも。。。
それにしてもパールはすっかり大人になったのだなと、昔の写真を見直しながらしみじみと実感しました。


ranking 人気blog Ranking

March 29, 2006

やっぱり・・・。

060329_1

060329_2「もしかして・・・」と思いながらモンブランを食べようとしていると、パールはテーブルの上にかけあがってきました。
・・・やっぱり。相変わらず栗が好きみたい。ペロペロとなめていました。

ranking 人気blog Ranking

060329_3

March 26, 2006

060326_1

パールはいつも6:30に起きます。その後で母のお部屋へ行き、少し眠って、7:30になると朝ごはんをおねだり。

060326_2久しぶりにパールより早くから起きていて(というか寝てない・・・)、二人で一緒に朝を過ごしました。
普段とは違って暴れもせずに、パールはゆったりと窓の外を眺めて、しばらくまどろんでいました。
こんなパールを見るのは久しぶり。暴れん坊だと思っていたけれど、パールって結構おっとりしているんだなと思いました。


ranking 人気blog Ranking

March 22, 2006

ワール

060322_1

ペットの呼び名をコロコロと変えるのはよくないと言うけれど、これまでうちにいた歴代のネコたちには、たくさんの呼び名がありました。
中でもナンやザンは特別に多くて、それぞれ優に10個以上は....。 それも、どの名前を呼んでも、彼らはお互いの名前をちゃんと聞き分けていたから、「ネコはお利口だなあ」だなんて感心していました。
呼び名が増えてしまう理由は、単なる名前の変化だけではなく、身体的・性格的特徴を強調したいから。明らかに名詞でない言葉でさえ、自然と呼び名になってしまうのです。

「パール」という名前はさほどアレンジのしようがないしね。。。 はじめはそんな風に思っていたけれど、ともに過ごしているとやっぱり、呼び名が増えてきてしまいます。

060322_2パールは今日もいたずらばっかり。コップを倒したり、いろいろなものをくわえて運んでは、バラまいたり、隠したり。こんな風にパールが “悪い” ときは、「パール」の音に似せて “ワール” と呼ぶようになっています。「ワールやめなさい」とか、「あらワール、こっちにいらっしゃい!」と言うと、“ワール” はちゃんと反応してくれます。
もっとも、あまりに音が似ているから、彼は「パール」という名前に反応しているつもりなのでしょうけれどね。

今朝バッグの中を見てみると、隠していたスティックシュガー(会社の友人からのバースデープレゼント)が消えていました。昨日は3本、今日は残りの2本。いつの間にかストックがゼロになっていたのです。
その後も様子を見ていると、バッグの中に顔を入れてのぞき込んでは、前足を入れておもちゃを探ったりして....。
掃除機をかけていると、じゅうたんの下から次々とスティックシュガーが発掘されました。とられないようにと避難させておいても、やっぱり見つけて、くわえて飛び降りてきました....。 この後、お砂糖をまきちらされないようにと、コーヒーに入れて飲んでしまいました。
悪いのに、その悪さを無性にかわいく感じてしまうとき──それがパールが “ワール” に変化する瞬間です。

朝、電車の中でキーケースが見当たらないとき、バッグの底に落ちている鍵を見つけると、“ワール” が、“パール色の” キーケースをくわえている姿を思い描いてしまいます。こんなときも、心の中で、“またワールにやられた・・・” と、その愛嬌あるいたずらを思っては、「それにしてもぴったりな名前!」と、一人でニヤニヤしてしまいます。。。

・・・こんな感じで増えて行く呼び名。パールはちゃんと聞き分けてくれるかしら??

060322_3←パールが “ワール” になったときは、こんな感じのイメージかな。。。
クロネコ・ワールです(笑)


ranking 人気blog Ranking

March 21, 2006

パールの鼻が黒いワケ

060321_1

パールの鼻先は、もともと黒いです。けれど、必要以上に黒いときがあります。

060321_2←それもそのはず。
お水を飲むときにはこんな風にして、鼻をお水につけて、水の流れる位置や温度を確認しているからです。

コップのお水を飲むときも、水位を確認するために鼻を入れたり、手を入れたり。予想外に水位が高いときには、鼻に水が入ってクシャミをしたりもしています。
そして水位が低いときには、「もっと入れて」と言わんばかりに、コップをわざと倒すのです....。

写真のパールの鼻が黒いときは、「またお水を飲んでいたんだな」と思ってくださいね(笑)


ranking 人気blog Ranking

March 19, 2006

Happy Birthday, Pearl !!

060319_1

わたしにとって、この一年はあっという間。毎日同じように時間が流れて、気づいたら「もう一年経っちゃったの? はやーい。」というような感じでした。
一年前の今日何をしていたのかも、思い出すことができません。きっと、記憶にも残らないような一日だったのでしょうね。

060319_2パールにとってのこの一年は、何もかもがはじめての経験だったのではないかと思います。朝の明るさや夜の暗闇を知り、両親や妹と別れて、犬やネコ、それに多くの人たちに囲まれたペットショップで生活をして、生後3ヵ月を迎える頃に車に乗せられ、うちに来て、「パール」と呼ばれるようになり・・・ そして夏の暑さや冬の寒さを経験して、今日、ようやく1歳になりました。
パールが何をどこまで覚えているのかはわからないけれど、彼にとっては多くのできごとが起きた一年であったように思えてしまいます。

わたしたち家族にとっては、一年前は記憶にすらなかった3月19日が、忘れられない記念日となりました。


060319_3いままで飼っていたネコたちには、お誕生日を迎える度に、姉が中心になってプレゼントを考えていました。
爪とぎをプレゼントしたり、首輪をプレゼントしたり、新しく発売されたコシヒカリ入りのフードを、「腰が光るように・・・(意味不明)」とプレゼントしたりと、毎年ネコのために贈り物を用意していたのです。

その習慣に倣って、パールへのプレゼントも少し前からあれこれ考えていたけれど、結局何も思いつきませんでした。 ・・・お花を用意しても倒してしまうし、爪とぎは使ってくれないし。


060319_4そして、最後に思いついたのが、「パールを正式にうちの子にしてあげる」こと。パールの血統書にはブリーダーさんの名前が書かれており、登録上はまだ、そのブリーダーさんのネコ。以前問い合わせたときには、「キャットショーに出すとか、ブリーダーになる予定がないのであれば、名義の変更をする必要がない」と言われ、そのままになっていたのです。
血統書つきのネコを迎えたのはパールがはじめてで、状況がよくわからずに言われるままにしていたのですが、なんとなく気になっていたからです。 ・・・気持ちの問題なのだけれどもね。


060319_5今日になって改めて血統書を見てみると、これまでにも何度か見ていたはずななのに、ある重要な部分を見落としていたことに気づきました。

・・・パールって、登録上は「Cavalier」という名前なのだそう!?
キャバリエと呼ばれていた時期があったのかどうかはわからないけれど、パールがキャバリエだなんて、なんとなく変な感じです。
試しに「キャバリエ」と呼んでみたけれど、パールは見向きもしてくれませんでした(当たり前か)。 でも「振り向いたらどうしよう・・・」とちょっとだけドキドキしました。
いろいろと思うところがあって、うちに迎えた子ネコの名前を「パール」にしたから、血統書の名前も「Pearl」にしてあげたいな。。。
名前の経緯についてはまた改めて書いてみたいと思います。


060319_6060319_7

もう一つのプレゼントは、パールを甘やかすことでした(笑)
そのおかげで、いつもよりもたくさんのつまみ食いをして、パールは満足そうに眠っています。


ranking 人気blog Ranking

March 17, 2006

足あと

060317_1

お仕事を終えてから夜出かけるまでの間、仮眠をとろうとベッドに滑り込むと、なんだかザラザラしていました。ベッドで寝ていたパールの身体も、ザラザラしていました。そしてそのザラザラをなめてみたら・・・
やっぱり甘かったです。お砂糖だから、甘いよね。。。

ものをくわえて運ぶパールが気に入っているのは、棒状のかたちをしたもののようです。くわえやすいというのが理由なのでしょうけれど、中でもスティックシュガーがお気に入りみたい。
今日もあちこちにくわえて行っては、下ろして遊んで、またくわえて移動して、遊んで・・・ と渡り鳥のように遠征していました。

060317_2「このまま袋が破れたら・・・」と気になっていたのですが、気づいたときにはすでに遅し。パールが遊んでいたスティックシュガーの袋を持ち上げてみると、中身が空っぽな感じの、パラパラという音がしていました。

目をこらして見てみると、廊下やリビング、母のお部屋やわたしのお部屋・・・ と、白い粉で描かれたパールの移動の軌跡が残っていて、この目印を辿って行くと、最終地点であるベッドの上には、ちゃんとパールが寝そべっていました。
ベッドの上はちょっと困るけれど、自分の “足あと” をパラパラとふりまいて歩くパールが無性にかわいく思えました。
これで迷子にはならないね。


ranking 人気blog Ranking
   Next
Search


Top | Profile-Pearl | Profile-Gilda | Favorites | Banners | Gallery | Links
© 2003-2009 Mai, All Rights Reserved.