December 2005

December 30, 2005

いたずらの理由

051230_1

最近のパールのお気に入りの場所はチェストの上。この時期は、お正月用のお花や鏡餅を飾っているので、パールは橙や鏡餅をボトボト落として転がしたり、松をバサバサと揺らしてみたりして遊び回っています。

ゴトッという音とともに、ドボドボと聞き覚えのある音が聞こえてきました。 ・・・見てみると、花瓶が倒れて、お水がたくさんこぼれていました。

051230_2のんきに写真を撮っている場合ではなかったのですが、記念撮影をしてから慌てて花瓶を起こすと、パールはチェストの上にこぼれたお水を、ペロペロとなめていました。

一通り拭き終わって少しすると、またもやゴトッという音が。見てみると、先ほど起こした花瓶がまた倒れており、残ったお水があふれ出ていました....。
母と「こんなに重い花瓶でも倒せるんだね」と話しながら、もっと重い花瓶に取り替えたのですが、これもパールに倒されてしまいました。
この場所だけで、すでに3度目。「どうして花瓶ばかり狙うのかしら?」とパールの第二の水飲み場(パール専用のお水は飲んでくれないので、お家の中にはパールの水飲み場が何カ所かあるのです)を見てみると、コップの中は空っぽになっていました。。。
のどが乾いたパールは、花瓶の中のお水を飲みたかったのでしょうね。

051230_3パールに何度も「ごめんね」と言いながらお水を入れたコップを差し出すと、おいしそうにペロペロと飲みはじめました。そしてそのときに、パールがいたずらをして花瓶を倒したのではないということがよくわかりました。

コップの中のお水が少なくなると、パールはお水をうまく飲めないみたいです。これまでにもお水が飲みにくくなるとわざとコップを倒して、こぼれたお水をなめていることが何度かありました。
パールが花瓶を倒してしまった理由がわかったような気がして、すごく申し訳のない気持ちになりました。

パールが物を落としたり倒したりするときは、いつの間にかいたずらだと思ってしまう習慣がついていたけれど、もしかしたらこれまでのいたずらにも、パールなりの理由があったのかもしれないな。。。 今日は反省しました。


ranking人気blog Ranking

December 29, 2005

ネコの手

051229_1

本来ならば今日までお仕事だったのが、インフルエンザで倒れる人あり、早めに休暇をとる人続出・・・ で、今日からわたしもお休み。プレ大掃除や年賀状の作成(遅いけど)をしました。

パールはちょこちょこと寄ってきてお手伝い(という名の邪魔)をしてくれます。
キッチンのカウンターから虎視眈々とタイミングを見計らって、ダダダーッとかけおりてきたりして。

051229_2051229_3

母が何かをしているときも、パールは二本足で立ち上がって音のする方を見て狙ってみたり(たいてい落とします)、鏡餅の橙を転がして遊んだり・・・ とせっかく片付けたものを次々とグチャグチャにして行きます。

わたしのお部屋も被害が大きく、例の領収書が無惨に床にばらまかれていました....。
パールにとってはネコの手を貸しているつもりなのでしょうけれど、大掃除のときはきっと大変なことになりそう。。。 今年はネコの手は借りなくてもいいな。


ranking人気blog Ranking

December 28, 2005

教育

051228_1

今日はお家でお仕事。こんなときはパールをひざに乗せてくつろぎながらも、眉間にシワを寄せてお仕事をしたりしているのですが、今日のパールはあまり近寄ってきてくれず、ウロウロして邪魔をするだけでした。

テーブルの上にパールが飛び乗ってきたと思ったら、バタッという音とともに冷たいものが飛んできました。
・・・ペットボトルのお水を、倒していました。

051228_2051228_3

ノートPCもわたしもビショビショで、ペットボトルからはドボドボと音を立ててお水が流れてきていました。
慌ててボトルを起こすと、パールはテーブルにあふれるお水をさわってみたり、飲んでみたり....。倒れた音や、お水があふれ出してきたことに驚きもせず、ただただ人間が飲んでいるお水が飲めることが嬉しかったみたいです。

どうやらパールは、ゆるくしめたキャップは開けられるようになってしまったみたいです。
ボトルを倒す前に、パールは一度。キャップを開けてコップの中に落としてしまいました。そのときにキャップをしっかりしめなかったわたしも悪いけれど、まさかこんなことになるとは....。

051228_4テーブルの上にのぼることがダメだということも教育していなかったし、キャップをしめていなかったわたしも悪いし・・・ と、パールを怒るわけには行かずに泣き寝入りでした。

いたずらや悪さは毎日のようにされているけれど、どれもわたし自身に責任があることなので、パールを怒れず、今後どうやって教育するべきかと悩んでいます....。
これから先が思いやられるな。。。


ranking人気blog Ranking

December 27, 2005

続き。

051227_1

パールって、ちょっとひどいと思う。昨日よりもエスカレートしているような感じ....。

年末のバタバタでこのところ少し睡眠不足気味です。夢でうなされるほどの仕事上の大トラブルが解決しかかった今日は、安心したのかどっと疲れが出てしまいました。
お家に帰ってくるなり、「今日はもう寝ようかな」とベッドに横たわろうとしたのですが・・・ すでにパールに場所をとられていました。

疲れているときほどネコとじゃれたい気分になるのに、パールに触れようとすると、サッと飛び降りて走って行ってしまいました(悲)


051227_2051227_3

どこへ行くにもチョコチョコついてくるのに、今日はなかなかパールに触れることができませんでした。手を伸ばすとダダッと走って行ってしまったりして、何だかやっぱり遊ばれている感じ。
昨日も同じようなことを書いたのに、まるでわたしが告げ口(というか暴露?)をしたかのように、パールの仕返しを受けているような気分になりました。

何度も「パール」と呼んでいて、やっと顔を向けてくれた! と思うと・・・ あくびをしたいだけでした....。(悲しくて、ちょっと涙が出てきそうになりました)

051227_4パールを無理矢理抱き上げても、じたばた暴れて顔をギューギュー押されたり、眉間をひじでガツンとやられたりして(奥の方まで痛みが浸透してきました)、さんざんにコケにされてしまいました。

ところが、パールの気を引こうとラズベリーをとり出すと、いままでの薄情ぶりが信じられないぐらいの甘い声で「ニヤァ〜」と鳴き、走って寄ってきました。
・・・甘えてくれるのはフルーツがあるときだけなのかしら。
パールって、ちょっと現金になってきた気がする。


ranking人気blog Ranking

December 26, 2005

堂々巡り....。

051226_1

以前のパールは素直だったのに、最近のパールはちょっとひねくれたというか、いたずら心が出てきたというか・・・
お家に帰ってくるとお玄関まで出迎えてくれるのに、バッグをおろしてパールに触れようとすると、サッとかわされて走って行ってしまいます....。
もしかしたら反抗期(?)なのかもしれません。

051226_2051226_3

051226_4たとえば、パールのためにお水を用意しても、わざわざ違う場所に移動してお水を飲みに行くくせに、わたしが離れようとすると用意したお水を飲みに戻ってきたり(それで近寄るとまた別の場所に行ってしまうのです)・・・
お腹を出してゴロゴロしているのに、寄って行くと逃げて行って、わたしがその場を立ち去ろうとするまた戻って転がりはじめたり・・・
そのほかにも、わざと隠れたり、何かをやろうとするとテーブルの上のものを落として逃げて行ったり・・・ などなど。

写真をなかなか撮らせてくれないのに、ファインダーをのぞくとピントが合わないぐらい近寄ってきたりして、あまのじゃくというか何というか・・・ すっかりからかわれてしまっているのです(涙)。

051226_5わたしが望んでいることに対して、パールがあまりにも反対のことをするので、時々本当に悲しくなってしまったりするときもあります(遊んでいるのはわかっているつもりだけれども、悲しくなってしまうのです)。
パールも「やりすぎた」と思ってくれているのかもしれませんね。そんなときには、少し寂しそうな表情でわたしの顔をのぞきこんできたりしてくるのです。もちろん、わたしが機嫌をなおしてパールに飛びかかって行くと、パールはヒラリと逃げてしまうけれどね。。。

かわされる回数が増えるごとに、からかわれて悔しいような、でもちょっと嬉しいような気持ちで「ぬぬぬっ」と思ってしまうのですが、こういうときはたいてい耳をピッと後ろに倒していたりして、いたずらをしているときのパールの顔が、普段よりもいきいきとしていて、かわいく見えてしまいます。。。。
それだから、わたしは余計にパールにかまいたくなってしまうのに、パールはタタタッと逃げてしまったりして、いつも堂々巡りです....。こんな生活がこれからもずっと続いて行くんだろうな。


ranking人気blog Ranking

December 25, 2005

クリスマス・プレゼント

051225_1

今日はお客様がいらっしゃいました。母やわたしではなく、“パールのお客様”です!
これまでなかなか機会が設けられませんでしたが、遠方からはるばる我が家まで、パールに会いにきてくださったのです。
奇しくも今日はクリスマス。パールにとっては最高のクリスマスプレゼントでした!

051225_2051225_3

パールが人見知りして逃げてしまったらどうしようとか、引っかいて傷をたくさんつくったらどうしようとか、今日が近づくにつれて心配事は山のようにふくらんできていたけれども、お客様が到着すると、そんな心配もすぐに吹き飛んでしまいました。

まずはひざにのぼって行き、キックの洗礼(?)を授けると、まるでわたしたち家族に対するような振る舞いで足下でじゃれついたりして・・・ (ちょっと恥ずかしいぐらいでした)
いつものパールと何ら変わりない方法でおもてなししていました。

051225_4051225_4

帰り際にはかなり長い時間抱きあげてもらっていましたが、パールは抱かれている腕に自分の腕を巻きつけたり、ヒョイヒョイと手を伸ばしてお客様の顔に触れようとしていました。やられる方はちょっと(わりと)怖いけれど、パールがじゃれて攻撃するのは親愛の情の表れ。きっと、たくさんかわいがってもらって、たくさん遊んでもらって、パールはすごく嬉しかったのでしょうね。

お玄関を出るとき、パールはお見送りにきませんでした。そのときは「パールったら白状だわ・・・」だなんて、お客様に対して申し訳なく思っていたけれど、お家に帰ってきて、寝ぼけながら出てきたパールの顔を見ていると、「また会いにきてくれると思っているんだろうな」と感じました。


ranking人気blog Ranking

December 22, 2005

一日だけの・・・

051222_1

ネコが万一お外に出てしまったときのために、完全室内飼いの家ネコでも首輪をして迷子札をつけておくのがよいのだそうですが、それを理由に母が首輪を買ってきました(本当は少しおしゃれをさせてみたいんだと思う)。

薄いブルーのチワワ用のかわいらしい首輪は、パールにはギリギリのサイズ。「首輪の一本ぐらいはネコとして持っていないと・・・」と、母は翌日すぐに交換しに行っていました(絶対におしゃれをさせてみたいんだと思う)。
同じものの大きなサイズがなかったようで、今度は白い首輪です。

051222_2お家に帰ってくると、パールがちょっと変でした。白い首輪をつけたパールは、おしゃれどころか、すごーく似合わないのです....。
しかも、まるでノミ取り用の首輪のように見えて、とてもかわいくないのです。

小さい頃は何かが身体にまとわりつくのをひどく嫌っていたパールですが、いまはあまり気にならないみたい。その全然似合わない首輪をして、いつものように飛び回っていました。
パールとは反対に、わたしは首輪をはずしたくてはずしたくて仕方がなかったのですが(ママごめん)、「一日だけでも・・・」という母の熱意?に負けて昨晩からパールは首輪をつけています。
ネコって裸の方が好きなんだけれどな。

051222_3今日お家に帰ってくると、パールはいつものパールでした。首輪をしていないからです。ヌルッとした身体で足にからみついてくる様子を見ても、パールはやっぱり裸の方が似合うみたい。
「首輪なんていやだよねー」とパールに話しかけながら母の方をチラッと見ると、母もどうやら失敗だったと気づいているようで、「ネコは裸の方がかわいいわ」と言っていました。。。
一日だけのおしゃれ(?)キャットでしたけれど、母は満足できたのかしら。
何となく、この首輪をつけたパールを目にすることは、二度とないような気がしました。


ranking人気blog Ranking

December 21, 2005

ネコに感じる“Smile”

051221_1

わたしの所属する部署では、年に数回、自分自身をプレゼンテーションする機会があります。いくつかのテーマの中から一つを選び、資料をつくってプロジェクターで投影しながら、部門のメンバー全員に説明する・・・ というものです。
今日はわたしがそのプレゼンテーションをする番で、“あなたにとってSmileを感じるものやこと”というお題を選びました。そこで今回はネコについて(主にパールでしたが)のプレゼンテーションをしました。

どうしてネコが好きなのか、どんなところが魅力でSmileを感じているのか、というのが前半で、後半はパールの特長を紹介しました。
しかし、本当に言いたいこと(=Smileを感じていること)を、どうしても言葉に出して言うことができませんでした。恥ずかしかったのと、何となく理解してもらえそうになかったから、パールの特長を面白おかしく説明することで、無難にすませてしまったのです。
話しているときも、いま振り返ってみても、聞き手には言いたいことが伝わっていないのだろうな、ということを感じました。

051221_2今日、ある方の日記を読みました。年末で忙しいというその人の日記に対して、「ネコを見ると元気になる」というコメントが書いてありました。
そしてその返答には、「その通り!」と書かれていました。
これを読んだときに、「わたしが今日のプレゼンテーションで伝えたかったことって、こういうことだったんだよな・・・」と思いました。

ネコが好きなのは理屈では説明することができないし、言葉では言い尽くせないぐらいの気持ちを持っているけれど、わたしがどんな感情のときでも、いつもと同じように接してくれることへの安心感や喜びだったり、そういうことも含まれているからです。
日記の中でのたった数行のやりとりなのに、その行間が読めてしまったような感覚でした。

せめてこのネコ日記の中でだけでも、わたしが感じている“Smile”を表せればな・・・ と思いました。

December 20, 2005

約束

051220_1

母がキッチンに立つと、パールは必ず走ってきます。味の好みが母に似ているせいか、おいしいものがあるのだということを知ってしまったのです。

お料理を手伝ってみたり、母がつまみ食いしているものを一緒に食べようとしたり・・・ いつも母の手にからまって行き、おねだりをしています。

051220_2食事の時間にはパールが寄ってきてしまうので、これまではわたしのお部屋で眠らせていたりしていました。「どうせ与えないのだったら、わざわざ目の前にごちそうを並べるのは、パールもかわいそうだものね」と、そんなことを話していました。

ところが最近、パールは「もらえない」ということがわかってきたみたいです。
テーブルの上に食事が並んでいても、それを食べることができないと知っているのか、パールは人間用のごはんをチラ見しながらスーッと消えて行きます。それから必ず、「カリカリッ」という音が聞こえてきます。
自分のごはんを食べているのです。

051220_3何と言えばよいのかな。
こういうときは、そんなけなげなパールが、かわいいし、かわいそうだし・・・ というような複雑な気持ちになってします。ついついパールを呼び寄せてしまいたくなるけれど、食事中はそれもできなくて、何とももどかしい気持ちになってしまうのです。

自分のごはんを食べて満足しているのか(満足させているのか)、わたしたちの食事が終わるのを、パールは一人で遊んで待っています。おうちの中で決められた約束を、ちゃんと守ってくれるのです。時には今日のように、ビニール袋をぶらさげて歩いたりして・・・
パールがいい子に育ってくれてよかったなあ。


ranking人気blog Ranking

December 18, 2005

激太り・・・

051218_1

以前飼っていたクロネコのザンは、夏はノラネコなみに激やせして、上から見るとお腹の幅がすごく細くなっていました。ところがこれとは反対に、冬になると激太り。被毛がフワフワしてきたせいもあるけれど、すごく小さかった顔が大きくなって、太りすぎたせいで全然かわいくない顔になったりしていました....。
同じネコとは思えないぐらいの変貌ぶりでした。

もともとは細いはずのパールも、そんなお姉さんに似たのか(血はつながっていないけれど)、ここ数日で激太りです。
ほほの横に肉がついたのか、毛が深くなっているのか・・・ とにかく顔なんて二回りぐらい大きくなってきています。
少し前までのきゃしゃな印象が、なくなってしまいました。

051218_2

身体とともに力強さも倍増したパールは、飛びかかってくると威力が....。これまではさほどダメージは受けていなかったのですが、最近では踏み台にされたりすると、かなり“効く”のです。
その上、寒くなってきてスキンシップをはかりたいのか、いままでよりも甘えてくるようになりました。すなわち、甘えの延長で攻撃を受けることが増え、手や腕にはミミズ腫れがたくさん。はじめて会う人に握手の手を差し伸べたら、きっと驚かれてしまいそうなぐらいです(泣)。

今日はおまけで唇をかまれ、腫れてしまいました。
大きくなるのは嬉しいけれど、これと比例して強くなる力には、ちょっとついて行けそうにないかも。。。
目標5kgは撤回! パールは小さいままでいいや。


ranking人気blog Ranking
   Next
Search


Top | Profile-Pearl | Profile-Gilda | Favorites | Banners | Gallery | Links
© 2003-2009 Mai, All Rights Reserved.